?ぎょりの魚醤日記?

ITを中心に営業・技術・マーケティング・広報を学ぶヤツのブログ、というよりメモ帳。

Route53のためのpythonスクリプト

AWSが提供するDNSサービス「Route53」をコマンドラインからうまく使えないかとか設定ファイルをcsvとかで残しておけないかとか思って探していたところ、pythonのスクリプトを発見。

=> https://github.com/barnybug/cli53(参考)

Amazon Linuxでスクリプトを設置して実際に使ってみるところまでやってみます。

 

pythonとdnspythonのインストール

yum install python
yum install python-setuptools
easy_install dnspython
念のためのupdateも・・ yum update

gitのインストール

yum install git

pipのインストール (※pipとは・・?)

sudo easy_install pip

boto/botoのインストール (※botoって・・?)

git clone http://github.com/boto/boto
cd boto
python setup.py install

cli53のインストール

git clone https://github.com/barnybug/cli53
sudo pip install cli53

Successfullyと表示されれば無事インストール完了!! 環境変数の整備 環境変数ってよくでてくるけどちゃんとわかってない・・調べよ。

export AWS_ACCESS_KEY_ID=[your access key id]
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=[your secret access key id]
export PATH=$PATH:cli53

試しにリスト表示してみる

$ cli53 list
HostedZones:
  - ResourceRecordSetCount: 4
    CallerReference: 44C4029F-A4CE-D793-B82F-AD64F57E4458
    Config:
      Comment: test
    Id: /hostedzone/Z2929RQKC9BJGR
    Name: nagafuchik.com.

おぉ、よくわからんところもあるけどちゃんと表示されたー!!

 

引き続き試しにManagement ConsoleでAレコードを登録

f:id:Nagafuchi:20130124191353p:plainf:id:Nagafuchi:20130124191413p:plain

してからcliで確認

$ cli53 export example.com
$ORIGIN example.com.
@ 172800 IN NS ns-1411.awsdns-48.org.
@ 172800 IN NS ns-1732.awsdns-24.co.uk.
@ 172800 IN NS ns-548.awsdns-04.net.
@ 172800 IN NS ns-367.awsdns-45.com.
@ 900 IN SOA ns-1411.awsdns-48.org. awsdns-hostmaster.amazon.com. 1 7200 900 1209600 86400
www 300 IN A 122.23.33.31

おぉ、ちゃんと登録されたのが確認できる。

調子にのってcli53からCNAMEの登録とか試してみる

$ cli53 rrcreate example.com www2 CNAME test.domain.com --ttl 300
Success
ChangeInfo:
  Status: PENDING
  SubmittedAt: 2013-01-24T08:53:09.669Z
  Id: /change/C32R3OA0WH15M9

ちょっと時間差はあるもののManagementConsoleを確認すると... ちゃんと表示されてる!!

f:id:Nagafuchi:20130124191400p:plain

わーいわーい

 

あいまいなところはちゃんとしらべよーと。とりあえずmemoだん。